zaimのクレカ・口座連携を使い、手間ゼロで家計簿をつける!

今回は「家計簿をつけるのが苦手」という方に手間ゼロで家計簿をつける方法をご紹介します。

僕自身、家計簿つけるのは三日坊主で終わってしまうタイプなのですが、この方法なら家計簿を記録することができます。

はじめの設定を行えば本当に「手間ゼロ」で家計簿がつけられます。

Zaimで家計簿をつける

今回、家計簿アプリ「Zaim」を使います。zaimは700万人が使う無料の家計簿アプリです。機能の制限を解除するにはプレミアム登録が必要です。(今回の利用方法では無料で使うことができます。)

まずはZaimでユーザー登録をしましょう。

Zaim

Zaimで手間ゼロで家計簿をつける方法

Zaimには金融機関連携という機能があります。これはクレジットカードの利用や銀行口座の利用データを自動的に取得し、記録してくれる機能です。

その機能を利用し、支払いの全てをクレジットカード、もしくは銀行振込にて行うことで、自分で入力することなく、家計簿を記録します。

それだけで下記のような家計簿を作成することができます。

zaimのクレカ・口座連携 zaimのクレカ・口座連携

僕は、P-one Wizカード(ポケットカード)、楽天カード、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行口座でプライベートの支払いをしているのでそれらを連携しています。

Zaimのクレカ・銀行口座連携の方法

クレジットカード連携・銀行口座連携はとても簡単です。

「設定」>「金融機関」を選択します。

すると、「金融機関との連携を追加」という項目が出てきます。その中から該当のクレカ・口座を選択します。

zaimのクレカ・口座連携

クレカのマイページや口座の管理画面にログインする際に必要なユーザーIDやパスワードのフォームが現れるので入力し、連携します。

zaimのクレカ・口座連携

これを設定するクレカ・口座分行います。これで家計簿の設定は完了です。

登録しているクレカや口座以外の支払いや現金で支払ったものがあれば手動で入力しましょう。

その他の便利設定

その他にZaimで利用している機能は「月の予算」の設定です。

食費や交際費、エンタメ(娯楽)費など、各項目で毎月の予算を設定することができます。多く使いすぎた項目が分かるようになります。

まとめ

以上、Zaimのクレカ・口座連携を使い、手間ゼロで家計簿をつける方法でした。

とても簡単ですよね?

支払い状況を一括で管理できるが家計簿あることは、家計を把握し、反省するのにとても便利です。