消費者金融で借りる

プロミスの審査で落ちた理由は何?審査難易度と通るためのコツを解説

プロミスの審査落ちの理由

プロミスの利用を検討していると、審査に通るのか不安を抱えている人、実際に申し込んで審査に落ちてしまってどうすれば良いか悩んでいる人など様々です。

そこで、次のような不安や悩みを抱えている人への解決法を解説します。

こんな方に読んでほしい

  • プロミスの審査に通る基準はある?
  • プロミスの審査で落ちる原因とは?
  • 審査に落ちた後はどうすれば良いの?
  • 少しでも審査に通る可能性を上げたい!

プロミスは利用者の満足度が高い消費者金融なので、ぜひ最後まで読んでいただき、1人でも多く審査通過してほしいと思います。

カネ子
私もプロミス利用者!不便と思ったことはありません!

プロミスの審査基準は非公表

審査基準は非公開

プロミスを申し込む人の多くが「審査が甘ければ良いのにな」と思っているはず。

しかし、プロミスは審査基準を一切公表していないため、明確に審査が甘いと判断はできません。

そこで、プロミスの審査に通る条件や審査の重要ポイントを解説し、どれだけの人がプロミスの審査に通ったのか紹介します。

申込条件とは?

カードローンの申込条件

プロミスの申込条件は、下記の2つがあります。

申込条件

  • 満20歳以上~69歳以下
  • 申込者本人に安定した収入がある

年齢制限の範囲内なら誰でも申込可能ですが、安定した収入というのは分かりにくい条件です。

しかし、プロミス公式サイトには、パートやアルバイトでも収入が安定していれば、学生主婦でも申込できるとあります。

プロミスは、雇用形態だけで審査の可否を判断するのではないと分かります。

審査で重要視される項目

審査で重要視される項目

安定した収入さえあればプロミスの審査に通るわけでなく、申込時に入力する項目が1つ1つ審査対象であり、下記の3つの情報に分けて審査されます。

3つの情報

  • 属性情報
  • 生活情報
  • 信用情報

上記のうち、1つでも審査基準を満たさなければ審査落ちする可能性があります。

属性情報とは

属性情報とは、下記の内容のことを言います。

属性情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 雇用形態

など

属性情報は、主に安定した収入があるか判断する上での審査項目であり、特に、勤続年数年収雇用形態が重要なポイントです。

例えば、年収がある程度低くても、勤続年数が数年以上と長くて雇用形態もしっかりしていれば、何も問題はありません。

逆に、一般的な年収より多くても、転職したばかりで勤続年数が極端に短い、日雇いや短期バイトで雇用形態が悪いと、審査に大きな影響を与えます。

生活情報とは

生活情報とは、下記のことを言います。

生活情報

  • 持家 or 賃貸
  • 住宅ローンなどの有無
  • 家族構成
  • 子どもの有無・人数

など

生活情報は、収入のうちで返済に回せるお金がいくらあるか判断する材料となり、返済能力を調査するのに適した審査項目です。

カネ子
属性情報を補うのが生活情報ですね!

例えば、年収が多い人でも、賃貸や住宅ローンなど毎月固定の出費があり、配偶者や子どもの人数が多く生活費が多く必要な場合は、返済能力が低いと判断されやすいです。

信用情報とは

信用情報とは、申込時に入力する項目ではなく、信用情報機関に記録された金融情報を照合することを言います。

信用情報で照合する内容は、下記のとおりです。

信用情報

  • クレジットカードやカードローンの契約内容
  • 借入状況
  • 過去の返済状況
  • 債務整理の有無

など

信用情報は、属性情報と並び重要な審査項目であり、1つでも問題ありの照合結果が出ると審査通過は難しいと言えます。

審査通過率は平均的で甘くない

プロミスの審査基準は非公表であっても、毎月1回公表されている審査通過率を参考にすれば、ある程度の審査難易度が分かります。

審査通過率
2021年2月 2021年1月 2020年12月
プロミス 35.8% 33.9% 35.7%

プロミスの審査に通る人の割合は10人中3~4人ほどで、他社の審査通過率と比較しても違いはあまりない数値です。

消費者金融各社で審査基準は異なるので、審査通過率が同じでも審査難易度も同じとは限りませんが、プロミスの審査難易度は決して厳しいとは言えません。

プロミスの審査で落ちるのはナゼ?

カードローンの審査に落ちる

プロミスの審査で落ちるのは、属性情報・生活情報・信用情報のいずれか、もしくは全部に問題があると判断されたときです。

カネ子
もっと細かく、どんな理由で審査に落ちたか知りたいですよね?

プロミスの審査の流れは事前審査※・仮審査本審査3段階あり、どの段階で審査落ちしたのかで理由がある程度分かります。※9:00~21:00のスマホ限定申込のみ。

事前審査や仮審査で落ちる原因

プロミスの事前審査や仮審査で落ちる原因は、次のとおりです。

落ちる原因

  • 収入が不安定
  • 他社借入件数が多い
  • 総量規制に抵触する可能性がある
  • 信用情報にキズがある

プロミスの事前審査や仮審査は、申込内容をすべてスコアリングシステムによる自動審査を行い、上記の審査結果を瞬時に判断します。

特に、他社のカードローンの返済が遅れる「長期延滞」や、過去5年間で債務整理した経験があれば、審査通過はまずできません。

あと、複数の消費者金融から借入残高がある場合、年収3分の1を超える貸付が禁止される総量規制に抵触する可能性があるので、法律上、審査通過は不可能です。

本審査で落ちる原因

プロミスの本審査で落ちる原因は、次のとおりです。

落ちる原因

  • 申込内容に虚偽がある
  • 本人確認ができない
  • 在籍確認が取れなかった

プロミスの本審査では、提出された書類によって申込者本人であるか確認を行い、本人であると断定できると勤務先へ電話による在籍確認を行います。

カネ子
担当者が隅々まで目視で確認します!

プロミスの審査に通りたい気持ちから、住所や電話番号をウソ情報で申し込んでも、提出書類との相違や在籍確認の電話がつながらないなどで虚偽申請だとバレます。

審査時間が長いのは審査落ちのサイン?

プロミスの審査にかかる時間は最短30分なので、申し込んでから数時間経っても審査結果の連絡がこないと「審査に落ちたのでは?」と不安ですよね。

しかし、審査に時間がかかっても審査落ちのサインではありません。

カネ子
私は1時間半かかりました!

30分で審査結果がくるのは、あくまでも最短審査時間であり、4月や9月の繁忙期確認作業に手間取ると審査時間は長くなります。

あと、プロミスの審査時間は夜21時までなので、審査時間外に申し込んでも、次の審査が始まるまで審査結果の連絡はこないです。

プロミスの審査時間については、下記の関連記事で詳しく解説しています。

関連記事
プロミスの審査時間
プロミスは審査に時間がかかる?他社より審査が甘いのか徹底調査!

続きを見る

口コミを参考にプロミスの審査に通るコツとは?

口コミ

プロミスの審査に通った人の口コミは、次のとおりです。

23才男性

事前に書類の確認と申込時の確認を徹底したので、すぐに借入できた!

37才男性

他のローンの借入があったけど、無事に審査に通って安心だった!

31才女性

少ない金額だから私でも大丈夫でした!

33才女性

平日の昼間に申し込んで、会社の帰りには借り入れできました!

上記の口コミを参考にすると、次の内容に気をつけることが、プロミスの審査に通るコツとなります。

ポイント

  • 必要書類と申込内容に不備がないか確認する
  • 信用情報を調べる
  • 他社借入残高を確認する
  • 希望限度額を少なくする
  • 在籍確認に対応できる時間に申し込む

必要書類や申込内容に不備がないか確認する

提出書類や申込内容で虚偽があるのは問題ですが、故意ではない不備であっても虚偽申請と判断される場合もあるので、正しい情報で申し込んでいるか確認してください。

プロミスへ提出する必要書類は、本人確認書類と収入証明書の2つです。

本人確認書類は必ず提出するので、顔写真付きの運転免許証やマイナンバーカードなど1点、もしくは顔写真のない健康保険証などは住民票などと2点合わせて用意しましょう。

収入証明書は以下の条件になると、必ず提出しなければいけません。

提出条件

  • プロミスへの希望限度額が50万円を超える
  • プロミスへの希望限度額と他社借入残高の合計が100万円を超える

条件に該当したにも関わらず収入証明書の提出を無視してしまうと、提出書類不備により審査落ちになるので、注意してください。

カネ子
貸金業法で定められているので守りましょう!

信用情報を調べる

消費者金融を含むカードローンの審査で、過去に一度でも審査落ちした経験がある人は、信用情報に問題がないか調べることをおすすめします。

信用情報は、信用情報機関に記録されており、プロミスが照合した際に問題なしと分かれば審査通過する可能性が高くなります。

プロミスが加盟している信用情報機関は、下記の2つです。

信用情報機関

銀行カードローンを利用している場合は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)も合わせて調べるのも良いでしょう。

信用情報の開示手続きの費用は1,000円ほど、開示された情報の確認方法はスマホ郵送窓口があります。

カネ子
即座に信用情報を確認したいならスマホがおすすめ!

信用情報に異動情報の記載がないなら、審査に通る可能性は高いです。もし、異動情報の記載があっても、5年経過すれば削除されるので安心してください。

他社の借入状況を確認する

ローンの借入状況はプロミスの審査にかなり影響を与えるので、他社からの借入残高の総額と借入先件数を必ず確認して、ムダな借り入れは清算してください。

他社からの借入残高がすでに多いと、プロミスを申し込むことで借入残高の合計が総量規制に抵触する可能性があり、法律の上で貸付できません。

総量規制とは

年収の3分の1を超える貸付を禁止する法律で、消費者金融や信販会社・クレジットカードのキャッシング枠などが対象です。

ただし、下記のような総量規制対象外のローンは、無理に清算する必要はありません。

総量規制の対象外

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額医療の貸付
  • 借換ローン・おまとめローン
  • 貸金業者以外の金融機関からの貸付

など

借入残高が多くない場合でも、借入件数が3件以上になると多重債務者と判断され融資できない可能性があります。

限度額に余裕があるカードローン1つにまとめて、不要になった借入先を解約して借入件数を減らせば、プロミスの審査に通る可能性が高くなります。

希望限度額を少なくする

プロミスの審査を受けるとき、総量規制に注意して希望限度額を決めるのも良いですが、必要最低限の希望限度額で申し込むのが良いです。

他社の借入が全くなく、初めての借入先がプロミスであっても、初めから総量規制ギリギリを借入できるのは困難だからです。

例えば、年収300万円の人が借り入れできる上限金額は100万円です。しかし、信頼もない申込者に100万円を貸すのはリスクが高いので審査通過は難しいでしょう。

まずは、収入証明書を必要としない50万円以下で、年収にあった限度額を希望しましょう。

カネ子
私は何とか限度額50万円を契約できました!

後から限度額の増額可能

プロミスと契約した限度額が足りなくなったら、後から限度額を増額することが可能です。

しかし、次の条件に当てはまらなけらば、プロミスの増額審査を受けることはできません。

増額審査の条件

  • 半年以上の繰り返し利用している
  • 返済期間中に一度も延滞していない
  • 収入証明書が必要になったら提出できる

プロミスを新規契約してすぐに増額するのは困難なので、初回借入してから半年以上の利用実績があり一度も延滞していなければ、プロミスから一定以上の信用があります。

増額する方法は、プロミス会員ページプロミスコールから申請することができます。

カネ子
私は増額案内が担当者から直接電話がありました!

増額審査は通常の審査と同じで在籍確認や収入証明書の提出が必要であり、新規契約時より高い返済能力を求められるので、審査は厳しいと思ってください。

在籍確認に対応できる時間帯に申し込む

プロミスが在籍確認を行うのは審査時間と同じ9:00~21:00の間で、土日祝日でも会社に電話がかかってきます。

在籍確認に対応できる営業時間内に申し込むことで、審査落ちするリスクを下げられます。

勤務時間内であったとしても、申込者本人が在籍確認の対応が難しい場合は、会社の同僚などに「電話がかかってくるかもしれない」と伝えておくと、より審査に通る可能性が高くなります。

在籍確認の電話で会社にバレると心配になる人もいますが、プロミスではプライバシー保護を徹底しており、社名ではなく個人名を名乗るのでバレる可能性がありません。

どうしても本人が電話対応したいのであれば、在籍確認のタイミングなどをプロミスに相談すると良いです。

カネ子
細かい時間指定は難しいと覚えておきましょう!

プロミスの在籍確認については、下記の関連記事で詳しく解説しています。

関連記事
プロミスは在籍確認なしにできる?
プロミスは在籍確認なしで審査に通る?会社への電話を避ける必要書類とは?

続きを見る

プロミスで審査落ちした後の対処法

プロミスの審査に落ちた人は、次の内容を注意してみてください。

注意ポイント

  • パートやアルバイトで収入が少なくないか?
  • 勤続年数が短くないか?
  • 信用情報に問題はないか?

上記のチェックポイントに問題がなければ、これから解説する対処法を心がけて申し込むと良いです。

プロミスへの再申し込みは半年以上の期間を空ける

プロミスの審査に落ちたけど、やっぱりプロミスを利用したいなら、前回の申し込みから半年以上経ってから再申し込みするのがおすすめです。

なぜなら、カードローンを一度申し込むと信用情報機関に申込情報が記録されるため、短期間の再申し込みは審査担当者に「相当お金に困っている」と思われ、信用を著しく低下させる恐れがあります。

申込情報が削除されるのには半年間必要なので、なるべく期間を空けるのが良いです。

さらに、半年以上空けることによって、勤続年数が短い状態で申し込んだ人は審査に通る可能性が高くなります。

他の大手消費者金融を申し込む

プロミスの審査に落ちてしまったら、アコムやアイフルなどの大手消費者金融を申し込むのも1つの対処法です。

消費者金融ごとに審査基準は異なるので、信用情報の問題以外でプロミスの審査に落ちたのなら、他社の審査は通る可能性があります。

大手消費者金融なら、サービス面など比較しても差はなく、不便に感じることはありません。

消費者金融比較表
消費者金融 金利(実質年率) 最大限度額 審査時間 融資時間 無利息サービス
プロミス 年4.5%~17.8% 500万円 最短15秒 最短30分
アコム 年3.0%~18.0% 800万円 最短30分 最短1時間
アイフル 年3.0%~18.0% 800万円 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 800万円 最短即日※ 最短即日※ ×
レイクALSA 年4.5%~18.0% 500万円 最短15秒 最短60分

※曜日や時間帯で翌日以降になる場合があります。

少しでも他社の審査に通りやすくするなら、プロミスで希望した限度額より低くして申し込む方が良いです。

-消費者金融で借りる
-

© 2021 お金のおはなし