P-one WizカードとP-oneカード Standardの違い

P-oneカードとP-one Standardの違い

僕の使っているおすすめのクレジットカード、「P-oneカード」。

節約したい人は本当におすすめです。
P-one Wizカードは節約したいなら必須のクレジットカード!

今回はで違いの分かりにくい「P-one Wizカード」と「P-oneカード Standard」についてご紹介いたします。

「P-one Wizカード」と「P-oneカード Standard」の違い

「P-one Wizカード」と「P-oneカード Standard」どちらにすべきかという疑問について、僕は「P-one Wizカード」をおすすめしたいと思います。

その理由は1点、P-one Wizカードには「購入商品安心保険」がついていることです。

P-one Wizカードの購入商品安心保険とは?

購入商品安心保険とは「買い物した商品の損害を補償するカード付帯保険」です。
年間50万円までクレジットカードでの購入品を購入日から90日以内の偶然な事故の際に補償してくれます。

保証内容の詳細は下記のようにカードによって異なります。
P-oneカードの保証内容
(引用:ポケットカード株式会社

手数料率が若干異なる

その他にもショッピングの「リボ払い」の手数料率も若干異なります。

内容 P-one Wizカード P-oneカード
<Standard>
ショッピング
リボ払い手数料率
18.00% 17.95%

ややP-one Wizカードの方が手数料率が高くなっています。

P-one Wizカードを選ぶ理由

上記のような違いがあります。手数料率については支払い方法によって微妙に異なりますが、P-one WizカードとP-oneカード Standardもどちらも基本的なショッピング一括払いの利用では大きな差はありません。

そんな中でP-one Wizカードをおすすめする理由は、「購入商品安心保険の有無」

近年、「てるみ◯らぶ」や「はれ◯ひ」のように支払い後に倒産のような事件も起こっています。そんな中で「購入商品安心保険」のようなカード付帯保険がついているととても心強いです。

まとめ

以上、P-one WizカードとStandardの違いをご紹介しました。

P-one Wizカードは初期はリボ払い用のカードになっているので、一括払い(ずっと全額コース)に切り替えて、家計も万が一のときも助けてくれるように利用しましょう!